新着情報一覧

フルハーネス型墜落制止用器具取扱講習の実施

2020年5月27日

本社会議室にてフルハーネス型墜落制止用器具取扱特別教育を実施いたしました。

交通信号工事では高所作業が多く、2022年1月より労働安全衛生法及び労働安全衛生規則の改正に伴い

フルハーネス型墜落制止用器具の使用が義務化となるため、

東京営業所では作業に携わる10名の社員が受講いたしました。

トレーナー資格を持つ所長を講師として、実物を用いての装着方法や安全知識などについて学び、

安全作業に対する理解をより一層深めることができました。

また、新型コロナウイルス感染拡大防止の対策として受講中の換気や体調管理の徹底など

十分に注意して行われました。 

今後とも安全面、衛生面において更に士気を高めて取り組んでまいります。

 

講習風景

  

編集:平井・山田